RSSはこちら

雑記集

ただひたすらに書き続け、更新し続ける。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2013⁄04⁄16(Tue)
  • 21:58

解釈が難しい。

どうも、微妙に頭痛がしてるハルです。

今日はVocal : Syrufit feat. 市松椿/綾倉盟
サークル : AniPix/Syrufit
アルバム : innocent
原曲 : 砕月

の感想を書こうと思います。

歌詞はこちら 転載元はこちら


~~~

言霊に揺れる灯 爪痕を残す
小さく儚きものは 気づくことも無く
移ろいゆく一瞬を 雲のように生きる
微かに香る風だけが 存在してた

螺旋の糸(し) 紡がれて命となれ
廻る廻る月明かりのように
照らされた御影の石段
積み上げ 重ね 永久へ


鮮やかに染まる水面 水平線まで
唯一つの瞬きで モノクロに返る
限りない思考回路 繋ぐ銀の糸
奥深く続く視界 途切れたとしたら

螺旋の死 免れぬ世の宿命(さだめ)
廻る廻る月明かりのように
隠れ現れてまた消えた 悲嘆することなかれ


月は 海へと帰り
海は 影にのまれて
影は 光に生まれ
光 月に映る

螺旋の糸 紡がれて命となれ
廻る廻る月明かりのように
照らされた御影の石段
積み上げ 重ね 永久へ

螺旋の死 免れぬ世の宿命
例え月が沈んだとしても
いずれ巡りまたこの場所へ 灯を燈すだろう



~~~


うーん、解釈が難しい。


全体的なイメージとしては、やはり命ある者の輪廻の流れ、歴史の積み重ね。と言ったところでしょうか?

螺旋の糸は輪廻の流れ、御影の石段積み上げ、重ね、永久へ。は歴史の積み重ね。と解釈できると思いますし。

砕月のアレンジ曲にはこう言った要素がやはり多いですね。鬼と言う存在から見たら人の儚さ、そして詰み上げる歴史の存在と言うものはとても興味深く、憧れるものなのかもしれません。

こう言った曲を聞くと、何も残さず長く生きるよりも、短くても何か確かな物を世の中に残していく生き方に憧れてしまいます。まぁ、どっちの生き方正しいとかじゃないんですけどね。

やはりこう言った曲は歌詞の解釈が難しいですね。でも、それを楽しむのもまた楽しみ方の一つかもしれません。

むしろ、自分の文章読解力を養うのに役立つかもしれません。

もっとこう言った曲の歌詞を理解できるようになりたい。そう思う今日この頃です。

スポンサーサイト
category
東方感想

一度聞いてみるだけど、やはりこれも良曲だね。なんとかその曲のメロディーは微妙な感じを気がする。

  • 2015⁄02⁄05(Thu)
  • 05:57
  • [edit]

TrackBack Url

http://memurinku.blog116.fc2.com/tb.php/824-d20fc595

プロフィール

ハル

Author:ハル
現在20代の若者です。
主に日常の日記からTRPGのSW2.0に関する事や東方をメインとした音楽感想。フリーゲームの感想などなど、ともかく色んな事をできるだけ毎日書き連ねていっているブログです。

トータル閲覧者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。