RSSはこちら

雑記集

ただひたすらに書き続け、更新し続ける。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2013⁄01⁄14(Mon)
  • 22:19

かなり久しぶりに

どうも、なんだか腰が痛いハルです。

今日は講談社発行、赤城殻様の作品「麝香姫の恋文』について書こうと思います。

この作品の舞台は昭和11年の日本。まだ、第二次世界大戦が起きる前の昭和の時代が舞台となっています。

ストーリーは、予告状に麝香の香をさせる怪盗、麝香姫が、南海製薬科学の発明した青いバラを盗もうとし、それを阻止するために謎好きの青年「諷四朗』と対決すると言う、よくある探偵物ですが、麝香姫の動機や、物語の最後等は中々他の探偵物ではない物となっています。

ちなみに、この麝香と言うのはジャコウジカから取れる成分で、漢方薬等の材料となります。ムスクとも呼ばれているので、そちらの名前で知ってる方も居るかもしれません。

この作品の特徴としてはやはり女性怪盗でしょう。所謂怪盗が登場する作品は、大抵が男ですからね。誰でも知ってるのがアルセーヌ=ルパンや怪人二十面相、漫画で言えばマジック快斗と言ったところですが、怪盗と言うのは大抵が男です。もちろん、神風怪盗ジャンヌや怪盗セイントテールと言った女性の怪盗が登場する作品もありますが。

ストーリー展開もさることながら、この作品では当時の時代背景を詳しく説明して居たり、中々に洒落た知識、教養も盛り込まれているため、ストーリー展開と合わせて読むと、自然と本を読み進めてしまえます。

もしも興味をもたれたら、探してみてください。中古の本屋等で置いていると思います。
スポンサーサイト
category
本のレビュー

TrackBack Url

http://memurinku.blog116.fc2.com/tb.php/728-9c5f4e48

プロフィール

ハル

Author:ハル
現在20代の若者です。
主に日常の日記からTRPGのSW2.0に関する事や東方をメインとした音楽感想。フリーゲームの感想などなど、ともかく色んな事をできるだけ毎日書き連ねていっているブログです。

トータル閲覧者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。