RSSはこちら

雑記集

ただひたすらに書き続け、更新し続ける。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2015⁄08⁄10(Mon)
  • 23:34

善意の押し付けは最低である

どうも、久しぶりに更新するハルです。

えー、最近、わたくしある反面教師の手によって気づいたことがあります。それは。

①相手の事情を考えない善意の押し付けは害意も同然。

②有益な事でも100回も言えば無益を通り越して害となる。

③時間と状況を考えなければ有益な事も害となる。

④有益な事を伝えても、相手が心を開いてなければ意味はない。

とまぁ、こんなところです。

例えば、相手が望んでやっている事に、相手の事情を知らずに口を挟めば相手にとっては害でしょう。例え正しい事でもそれを難百回と言われれば、相手からすればうんざりして当然。時間がない状態や急いで仕事をしないといけない状態での説教は例え内容が有益であっても、相手からすればいらぬ世話。嫌いな相手から正論を言われてはいそうですかと納得が行くほど人間ができてる人ばかりではない。

考えてみれば、まぁ当たり前の事なんですけどね。でも、こういうのって意外と忘れられてるものです。特に④はその傾向が強い。

簡単に例えを出せば、口調が厳しい上司と部下がわかりやすいでしょうか。上司は常に厳しい口調で部下のミスを責める。それを続けられると、部下は上司の言う事に恐怖感を覚え、無意識のレベルから刷り込まれた恐怖でミスし、それをまた上司が怒る。例え上司が適切な指示を出していたとしても、受け取る部下の心境によって生かせないケースは多々あると思います。

これを読まれた皆さんも、どうかご注意ください。善意で行動したとしても、それをどう受け取るかは相手次第であり、常に良い結果になるという事はあり得ないということを。
スポンサーサイト
category
未分類

TrackBack Url

http://memurinku.blog116.fc2.com/tb.php/1324-dce39747

プロフィール

ハル

Author:ハル
現在20代の若者です。
主に日常の日記からTRPGのSW2.0に関する事や東方をメインとした音楽感想。フリーゲームの感想などなど、ともかく色んな事をできるだけ毎日書き連ねていっているブログです。

トータル閲覧者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。