RSSはこちら

雑記集

ただひたすらに書き続け、更新し続ける。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄11⁄27(Thu)
  • 23:00

うーん、日本語の歌詞がほしい。

どうも、最近肩や背中どころか足にまで筋肉痛が来てるハルです。

今日は「魔王魂」様制作の曲「月と狼」の感想を書こうと思います。

狼少年が可哀想すぎる(涙)

いやぁ、これがフリーの曲とは……多くのフリーゲームにフリー素材の曲を提供している魔王魂様としか言いようがありません。

狼というのは豊穣や力の神として崇められる反面、畏怖すべき存在、恐怖の対象としても見てこられました。また文学作品においては人を騙す存在として描かれる事も多々あります。これは西洋のワーウルフから来ているのでしょう。

さて、この曲では狼少年……といってもイソップ物語の嘘つき少年ではなく、恐らくは人狼のほうでしょう。異端の存在として生まれた少年。多くの人から迫害されてきた少年を子羊が優しく接した。

優しく接してもらったことで少年はその子羊の事を望んでしまった。しかし、その望みは叶わない。例えどれだけ臨もうとも叶わない。一時夢を見ようとも己の傷によって夢から呼び覚まされる。自分は何もやっていないのに。

何も知らなければよかった。知ってしまったから更なる痛みも味わってしまった。そして狼少年は恨んだ。神という存在を。そして己を狼に帰る月に吠えた。嘆いた。

大体歌詞はこんな意味合いでしょうか。まぁ、曲を聞いて頂けたらすぐに意味は察して頂けるとは思いますが。

しかし、これはやはり中々の名曲ですね。狼少年の人生と苦悩がわかりやすく、テンポよく伝わってきます。

このような名曲をフリーで配信されている魔王魂様には今後も一掃活躍頂く様、心からお願いしたいと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
category
音楽感想

TrackBack Url

http://memurinku.blog116.fc2.com/tb.php/1273-1cd041bd

プロフィール

ハル

Author:ハル
現在20代の若者です。
主に日常の日記からTRPGのSW2.0に関する事や東方をメインとした音楽感想。フリーゲームの感想などなど、ともかく色んな事をできるだけ毎日書き連ねていっているブログです。

トータル閲覧者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。