RSSはこちら

雑記集

ただひたすらに書き続け、更新し続ける。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄06⁄27(Fri)
  • 23:02

神曲だろこれ…・・

どうも、久しぶりに曲の紹介でもしようと思うハルです。

今日は「砕月~イノチ~ (文鳥Online。/Arr.妄想放出所、haru☆、山野ジグザグ/Vo.小森きり)」の紹介をしたいと思います。

UPされている動画はこちら

うわぁ、凄い良い曲。

寿命ネタというのは当方ではよくあることですが、その中でもこの曲は群を抜いていると思います。元々砕月アレンジは名曲が多いですが、私としてはその中でもかなりお気に入りです。

普段なら歌詞の解釈で悩むことが多いですが、今回はバックストーリーを紹介しているところがあったので、そちらを見ていただくほうが早いでしょう。「文鳥Online」様のこちらのページとなります。

寿命が長く、人に疎まれる鬼。鬼の一用の中で人は難題にも渡って生まれ、育ち、死に、また生まれ。その中での萃香の心情を良く読み取れる歌詞だと思います。聞いていて、思わず心に訴えかけられる何かを感じました。

久しぶりの曲の紹介ですが、中々良い曲を紹介できたと思う今日この頃です。
スポンサーサイト
category
東方感想
  • 2013⁄05⁄28(Tue)
  • 23:06

歌詞の意味を知りたい

どうも、氷砂糖をお湯の中に落としてorzなハルです。

今日は

曲名:Whose Eye Is This Anyway?
原曲:『東方永夜抄』より「狂気の瞳~Invisible Full Moon 」
CD名:東方空宴歌-KURENAI
サークル:GET IN THE RING・領域ZERO
歌:みぃ
編曲:GCHM
作詞:Jell

の感想を書こうと思います。

歌詞はこちらの動画に乗っているのでこちらをどうぞ。



良い物だとはわかるのですが……。

はい、最初に聞いた時から気に入ったんですよ。リズム、テンポ、歌手の声がよく、聞いていて飽きることもなく聞き続けられる曲です。

ただ……歌詞の意味がわかりません。

一応イナバの曲だということである程度の想像と言うか、直感的な感じでこんなんじゃね? ってのはあるんですが、どうもうまく言葉に表せません。

まぁ、歌詞の意味がわからなくても楽しめるものではあるので、皆さんも聞いてみてください。

そして、できれば曲の意味を理解して、教えてください(涙)
category
東方感想
  • 2013⁄05⁄05(Sun)
  • 21:28

これ関係は初めてだが。

どうも、ミルクかりんとうを食べてるハルです。

今日は『Original:ほおずきみたいに紅い魂・妖魔夜行/ both from 東方紅魔郷』
Circle:SOUND HOLIC
Album:紅 -KURENAI-
Vocal:709sec.
Arrange:709sec.
Guitar:U-ya 

について書こうと思います。

歌詞はこちら。転載元はこちら


~~~~

You have no light and the darkness is swaying around
(君は光もない闇を操っているんだね)
It's just like a black hole swallow all tye stars
(まるで全ての星を飲み込むブラックホールのようだ)
No one is allowed to see you're shone
(君の輝きを見ることは許されないのかな)
Even if you smile awey
(もし君がその向こうで笑っていたとしても)
Why do you have such a nice smile ?
(どうして君はそんなに可愛い笑顔をするの?)
I have no idea to understand the reason
(僕には分からないよ)
You are beautiful girl livin' in the deepest dark
(君はとても深い闇に住む美しい少女だ)
Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
never to lose to your dark
(君の闇がなくなることなんてないのだから)
Everyday I think of your beautiful smile
(毎日君の美しい笑顔だけを考えてる)
I don't wanna lost your smile
(僕は君の笑顔を失いたくないんだ)
I can find the star for you anyway
(君の闇を晴らすためなら、星を見つけることができる)
Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
to light your beautiful smile
(美しい君の笑顔を照らす為に)
I am just only to do it for your smile
(ただその為だけに星を探すよ)
Just a minute to me, please
(だから僕に少し時間をくれないか)
Sooner I can get the star with love
(すぐに愛で星を見つけることができるから)

Tell me your true heart
(本当の気持ちを教えてくれよ)
You have to wanna be shone
(君には輝いていて欲しいんだ)
I know anything you wanna do so muth
(君だってそうしたいんだろ?)
Don't be shy to say your heart to me
(恥ずかしがらないで教えてくれよ)
Everytime with you, babe
(いつだって君と一緒にいたい)
I would never give up to make
(僕は諦めたくないんだ)
your smile shone and lighten up forever
(君の笑顔を輝かせることも、全てを照らすことも)
You are beautiful girl livin' in the deepest dark
(君はとても深い闇に住む美しい少女だ)
Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
never to lose to your dark
(君の闇がなくなることなんてないのだから)
Everyday I think of your beautiful smile
(毎日君の美しい笑顔だけを考えてる)
I don't wanna lost your smile
(僕は君の笑顔を失いたくないんだ)
I can find the star for you anyway
(君の闇を晴らすためなら、星を見つけることができる)
Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
to light your beautiful smile
(美しい君の笑顔を照らす為に)
I am just only to do it for your smile
(ただその為だけに星を探すよ)
Just a minute to me, please
(だから僕に少し時間をくれないか)
Sooner I can get the star with love
(すぐに愛で星を見つけることができるから)

So many stars in the sky twinkles
(空にあんなに星が輝いているんだから)
waitin' for you shone with me
(僕と君の輝きの為に待っていてくれよ)
So many stars in the sky
(あんなに空に星があるんだから)
really want to be caught by my love
(僕の愛できっと捕まえてみせるよ)
Your smile in the dark tonight
(今夜も君の笑顔は闇の中なんだね)
will be shone by the star and my love
(でも星と僕の愛できっと輝くさ)
Your smile for me must be shone
(だからそれは僕の為の輝きであって欲しい)
I will do catch the star for your beautiful smile
(きっと星を捕まえるよ、君の美しい笑顔の為に)

Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
never to lose to your dark
(君の闇がなくなることなんてないのだから)
Everyday I think of your beautiful smile
(毎日君の美しい笑顔だけを考えてる)
I don't wanna lost your smile
(僕は君の笑顔を失いたくないんだ)
I can find the star for you anyway
(君の闇を晴らすためなら、星を見つけることができる)
Searchin' for a star tonight
(今夜星を探すよ)
to light your beautiful smile
(美しい君の笑顔を照らす為に)
I am just only to do it for your smile
(ただその為だけに星を探すよ)
Just a minute to me, please
(だから僕に少し時間をくれないか)
Sooner I can get the star with love
(すぐに愛で星を見つけることができるから)


~~~


ルーミア関係の曲は初めて聞きましたけど、中々に良いですねぇ。

英語の歌ですが、幸いにも和訳が見つかったので無事に和訳もわかってなによりです。

ルーミアが暗闇の妖怪故の歌詞なんでしょうが、中々に良いですね。暗闇の中で表情も何も分からないルーミア。でも、相手の方はそのルーミアの笑顔を見るために星を探す。

この暗闇がルーミア自身が生みだしている闇の事だけなのか。それとも人間を食べる(二次だけの設定だったらごめんなさい)ルーミアと、それに恋い焦がれた人間。その人間に惹かれつつも、人食いゆえに距離を取ろうとするルーミアの心の闇。そう言うものがあるとしたら、それも指しているのかもしれません。

星と言う表現も中々に良いと思います。暗闇を照らすという表現には単なる灯りとか火とかよりも星の輝きのほうがいいと思います。月だと……他でけっこう出てますし、月って割と魔とかの表現で使われたりもしますしね。

まぁ、こう言った解釈が合ってるのかはわかりませんが、少なくとも私はこんな感じで解釈しました。

今まではセプテット系とか砕月系ばかり聞いてましたが、こっち関係も聞いていきたいと思う今日この頃です。
category
東方感想
  • 2013⁄04⁄16(Tue)
  • 21:58

解釈が難しい。

どうも、微妙に頭痛がしてるハルです。

今日はVocal : Syrufit feat. 市松椿/綾倉盟
サークル : AniPix/Syrufit
アルバム : innocent
原曲 : 砕月

の感想を書こうと思います。

歌詞はこちら 転載元はこちら


~~~

言霊に揺れる灯 爪痕を残す
小さく儚きものは 気づくことも無く
移ろいゆく一瞬を 雲のように生きる
微かに香る風だけが 存在してた

螺旋の糸(し) 紡がれて命となれ
廻る廻る月明かりのように
照らされた御影の石段
積み上げ 重ね 永久へ


鮮やかに染まる水面 水平線まで
唯一つの瞬きで モノクロに返る
限りない思考回路 繋ぐ銀の糸
奥深く続く視界 途切れたとしたら

螺旋の死 免れぬ世の宿命(さだめ)
廻る廻る月明かりのように
隠れ現れてまた消えた 悲嘆することなかれ


月は 海へと帰り
海は 影にのまれて
影は 光に生まれ
光 月に映る

螺旋の糸 紡がれて命となれ
廻る廻る月明かりのように
照らされた御影の石段
積み上げ 重ね 永久へ

螺旋の死 免れぬ世の宿命
例え月が沈んだとしても
いずれ巡りまたこの場所へ 灯を燈すだろう



~~~


うーん、解釈が難しい。


全体的なイメージとしては、やはり命ある者の輪廻の流れ、歴史の積み重ね。と言ったところでしょうか?

螺旋の糸は輪廻の流れ、御影の石段積み上げ、重ね、永久へ。は歴史の積み重ね。と解釈できると思いますし。

砕月のアレンジ曲にはこう言った要素がやはり多いですね。鬼と言う存在から見たら人の儚さ、そして詰み上げる歴史の存在と言うものはとても興味深く、憧れるものなのかもしれません。

こう言った曲を聞くと、何も残さず長く生きるよりも、短くても何か確かな物を世の中に残していく生き方に憧れてしまいます。まぁ、どっちの生き方正しいとかじゃないんですけどね。

やはりこう言った曲は歌詞の解釈が難しいですね。でも、それを楽しむのもまた楽しみ方の一つかもしれません。

むしろ、自分の文章読解力を養うのに役立つかもしれません。

もっとこう言った曲の歌詞を理解できるようになりたい。そう思う今日この頃です。

category
東方感想
  • 2013⁄03⁄25(Mon)
  • 20:53

流石としか

どうも、メロン味の飴を食べてるハルです。

今日は原曲「砕月」サークル「音塚」様の「~華散里~」について書こうと思います。

歌詞はこちら。転載元はこちら

~~~~

すれ違う影に 手を振り重ねる
浅い微睡み 穏やかに 朝ぼらけを泳ぐ

雲雀の囀り そよぐ沈丁花
とこしえ告げる静けさも 薄紅色に散る

東雲の木漏れ日に 揺れる
柔らかな早蕨の 仄かに甘く

客人よ 春の息吹に抱かれ 出逢えた宿縁を祈りましょう
友の盃 交わせながら はらら 桜葉舞う
さあ 此処が常世の片隅なら 心にひと華咲かせましょう
浮かぶ白昼の朧月 美祿が喉を射す

明日を繋ぐ道 絶えぬ人の群れ
止まるも行くも風任せ 千切れた雲に訊く

霞かかる深山が 運ぶ
そぞろ流る桃の香 水面に溢れ

客人よ 春の調を奏で 共に幸せを謡いましょう
御代の盃 遊ばせながら たまゆらを漂う
さあ 一夜限りの戯れなら つまらぬ憂いは呑み乾しましょう
祭囃子の音果てるまで 空騒ぎは続く

四季は巡り過ぎても 永く
うつろうことも知らず 変わらぬ景色

夢のあと 遠い日の喧騒に 密かにまた手を伸ばしては
今日も盃 傾けながら 昔語り 紡ぐ
さあ 此処が浮世の仮初めなら 枯れないひと華咲かせましょう
集う人の声尽きるまで 醒めない現世に酔う

~~~

流石です。

砕月のアレンジ曲は色々と聞いてきましたが、これは良い作品ですねぇ。春の花見、そして皆が集まった事による祭り。そしてそれが終わる時の静寂と寂しさ。それら全てが詰まっています。

僅かな間に散りゆく桜の花。その間、集まる事ができた人々。その中では憂いも諍いも忘れ、酒を呑みかわす。それにつられて集まった客人達も巻き込んで、呑んで、語り、笑い、祭りを続けて行く。

しかし、その祭りもやがて終わり、後に残るのは静けさと寂しさ。そして、人々は来年また集まる。再び酒を飲み、昔の事を語りゆく……。

と、こんな感じでしょうか。桜を国花とし、春の花見に全力を注ぐ日本人ならではのアレンジだと思います。

こう言う名曲があるから、東方はやめられません。これからもこう言ったアレンジ曲が生まれて行く限り、東方はなくならないのでは。そう思う今日この頃です。
category
東方感想

プロフィール

ハル

Author:ハル
現在20代の若者です。
主に日常の日記からTRPGのSW2.0に関する事や東方をメインとした音楽感想。フリーゲームの感想などなど、ともかく色んな事をできるだけ毎日書き連ねていっているブログです。

トータル閲覧者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。